学区の概要


 本学区は,安芸高田市吉田町の西端に位置し,上入江・下入江・長屋・高野・桂の地域からなる。 学校林のある星が城からは,天意の自然に恵まれた郷野地域が一望でき,中央を可愛川が流れ,広島と松江を結ぶ国道54号線が東西に走っている。 市内他地域と同様に少子・高齢化が進んでいる。
 郷野地区は,昭和52年にコミュニティづくりの県指定を受け,郷野地区コミュニティ推進協議会(平成19年に郷野地区振興会と改称。)が組織的された。 昭和53年には,学校前に活動の拠点施設として郷野コミュニティ集会所が建設され,活発な活動が展開されている。
 また,平成16年3月に学校前の可愛川沿いに整備された「水辺の楽校」は,子どもたちの学習や人々の交流の場として活用されている。
 本校は,木造校舎(昭和10年築),金管バンド(昭和44年にトランペット鼓隊として発足),芝生の校庭(昭和50年植栽)を3大特色としているが,いずれも地域の全面的な支援によって伝統として引き継がれている。
 このようなことから,三代から四代にわたってこの校舎で学んだという家庭が大半を占める。地域の人々からは,校庭の環境整備や芝の管理,児童中心の行事の実施等,学校や保護者に対する惜しみない支援をいただいている。

 学校の位置…標高211m/北緯34度37分48.763秒/東緯132度38分55.727秒

pagetop